大豆の選粒

 最近はこの時期にしては随分暖かい日が続き、先月初旬に降った雪もようやく溶け切りました。
 浜農場では大豆の選粒の終わりがようやく見え始めて来たところです。

CIMG2469.JPGCIMG2474.JPGCIMG2475.JPG

左から選粒の様子、ナカセンナリ及びすずろまん(大豆の品種)です。
 作業の流れは粗選機(大きな茎などを取り除く)、クリーナー(土埃を落とす)、選粒機(割れや未熟粒を取り除きサイズ分けをする)の順に大豆を流します。大豆の出口では人によるチェックを行ってもらい、ゴミなどが入っていないか確認します。最後は人の目が頼りとなりますね。

 ナカセンナリの選粒が終わり、今はすずろまんの選流中です。すずろまんは写真でもわかるとおり粒がふた回りほど小さいため、作業スピードを落としての作業となる上、上の流れのあとに大きすぎる粒を取り除くためもう一台選流機にかけて、色彩選別機にかけて出荷となります。

 ナカセンナリ、すずろまんともに出荷先からいい評価を頂いており、これからも期待を裏切らないよう丁寧に作業を進めていきます。